Q&A



  お客様のご要望には、最大限お応えできるように努めております。
  ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。


  




Q:注文後、どのくらいの日数で届けてもらえますか?

Q:素材を変えてつくってもらう事はできますか?

Q. シルバー925とロジウムコート(ロジウムメッキ)は何が違うの?
 

Q:K18とK10の違いってなんですか?
 

Q:お店によって、ナワラタナで使用する石の種類が違うのはなぜ?
 

Q: スリランカホロスコープは、出生地が日本でも正しい診断ができるのでしょうか?
 

Q:ハンドメイドのオーダーメイドなら、自分の好きなデザインでジュエリーを作れないの?
 

Q:こちらのジュエリーになる前の石は、お祈りなどしてるのですか?
 

Q: 作ってもらったジュエリーは、どこかの寺院で祈祷などを行うのですか?
 

Q:浄化の方法を教えてください。
 

Q:石が肌に触れていなくてもいいのですか?
 

Q:ジュエリーつけ始めるのに良い日はありますか?
 

Q:ジュエリーは他の人が触っても大丈夫でしょうか?
 

Q: アパラムッダとナワラタナ、この2つの違いは何ですか?
 

Q:ナワラタナをデザイン違いなどで何個ももってもいいものですか?
 

Q:お手入れの方法
 


Q:注文後、どのくらいの日数で届けてもらえますか?
 

A: すべて受注後の発注、スリランカから直輸入となりまして、お時間頂いております。

  ・ジュエリーのみ:ご入金確認から1ヵ月半前後
  ・ジュエリー&ホロスコープ:ご入金確認から2ヶ月前後


Q:素材を変えてつくってもらう事はできますか?
 

A: シルバー(925・ロジウムコート)、K10(YG・WG・PG)、
     K18(YG・WG・PG)、プラチナでお作りできます。


Q:シルバー925とロジウムコート(ロジウムメッキ)は何が違うの?
 

A: ロジウムコートは鏡面仕上げともいわれ最後の工程でシルバー925に
  ロジウムメッキを施します。


     コーティングされると、ホワイトゴールドの様なピカピカの仕上がりです。
     光沢と強度を上げ、シルバーならではの黒ずみが防げます。
     シルバークロスには研磨剤が含まれているものが多く、
     クロスで磨くとコーティングが剥がれ落ちるため使えません。

    シルバー925は、シルバー本来の輝きと、マットな感じを楽しめる反面、
    シルバーならではの黒ずみが難点となります。
    定期的にシルバークロスで磨くと輝きが蘇ります。


Q:K18とK10の違いってなんですか?
 

A: ・K18(18金)⇒ 全体の75%が金です。
   ・K10(10金)⇒ 全体の約42%が金です。


   金以外の残りの金属は、一般的には銀や銅が混ぜられています。(当店もそうです。)


  純金(金100%)だと柔らかすぎてすぐ変形してしまいます。
  そのため装飾品には向かず、日本では昔からK18が一般的な金素材として扱われています。
  色味も黄色すぎず、淡すぎず、日本人の肌の色に良く似合うとても綺麗な色合いです。

  見た目の高級感に関して言えば、K18とK10では全く変わりありません。
  どちらもキラキラと輝き、とても美しい素材です。


  K18の方が含まれる金の量が多いので、K18の方が値段が高いし、価値もあります。
  昨今、金が高騰しすぎて、K18製品が以前より売れなくなってきた事を背景に、
  K10はリーズナブルで高級感のある素材として、近年扱うお店が増えるようになりました。

  では、 何が違うかと言えば、金の色味が少し違います。
  ・ K10は、K18と比べると淡い黄色です。レモンイエローのような、スッキリとした爽やかな印象の色。

  ・ K18は、 日本人の肌に良く似合う、暖かみのある金色です。
   年齢を問わず幅広く好まれる色合いで、とてもキレイです。

  K10の方が変形しにくく硬い素材です。
  ですので「硬い=傷つきにくい」ので、K10の方が傷が目立ちません。

  成分を見る限り、K18の方が変色しにくいと言えます。

  金の純度が高い為、K18の方がアレルギーを起こしにくいと言われています。
  肌の弱い方はK18の方が安心だと思います。

  ただ、何にアレルギーが出るのかは人それぞれで、時々金がダメという方もいらっしゃいますので、
  一般的な意見だと思っていただければ幸いです。

  銀や銅にアレルギーがある方は、K18でもかぶれますのでご注意ください。
  (アレルギーを特定したい方は、病院で金属アレルギーのテストを受けることをお勧めいたします♪)


  
K18がオススメな方!

  
・お守りとして長く大事にしたい方。
  ・大切な方へのプレゼントにしたい、相手がずっと持っていてくれたら嬉しいと思う方。
  ・いずれは子供にあげたいと考えていらっしゃる方。
  ・アレルギーがある方、肌が弱くて心配な方。
  ・汗っかきな方。
  ・K10は変色するかも、、、と心配になってしまう方。
  ・「18金の方が嬉しい!」つけていることでテンションがあがる方♪
  ・K18の色味が好きな方。


  K10がオススメな方!

  ・高級感があれば素材は気にならない方。
  ・少しでも費用を抑えたい方。
  ・色んなナワラタナを楽しみたい方。



  昔はK10のアクセサリーって、どこも扱ってなかったですよね。 
  金の高騰によりなるべくお求めやすい製品を出そうとK10製品をよく見かけるようになりました。


  ずっと使えるデザインのものを買う、
  それから気合い入れてお守りとして買う時は奮発するくらいが、賢い選び方のように思います。


Q:お店によって、ナワラタナで使用する石の種類が違うのはなぜ?
 

  A:当店のナワラタナジュエリーで使用している基本の9石は
    ピンクサファイヤ・ムーンストーン・ルビー・グリーントルマリン
    イエローサファイヤ・ホワイトサファイヤ・ブルーサファイア・
    オレンジガーネット(オレンジガーネットとヘソナイトガーネットは同じものです)
    ・キャッツアイ の9石です。


   入れ替わるものが多いのは、
   真珠→ムーンストーン
   ダイヤモンド→ホワイトサファイア
   エメラルド→グリーントルマリン
   でしょうか。
 
   占星術の先生と工房の指導のもと、スリランカで作られる
   ナワラタナに最も使用する9石を採用しています。

   スリランカではダイヤとエメラルドが発掘されないため
   現地ではナワラタナを作る際、ホワイトサファイア、グリーントルマリンを
   代用として古くから用いてきました。

 


Q: スリランカホロスコープは、出生地が日本でも正しい診断ができるのでしょうか?
 

  A: ご心配いりません。

    現地の多くの占星術の先生は、世界を網羅した星見表を持ってなく計算できないため、
    スリランカ以外で出生した人たちや外国人へのチャートが作れず
    断られることが多いのですが、外国人がたくさん住むエリアの
    現地人、外国人問わず占える人気の占星術の先生と出会うことができ
    問題なく診断していただいています。


Q:ハンドメイドのオーダーメイドなのだったら、自分の好きなデザインで、
    オリジナルなジュエリーを作れないの?

 

  A:もちろんできます。

   今日からあなたがデザイナー? ということが可能です。


Q:こちらのジュエリーになる前の石は、お祈りなどしてるのですか?
 

  A:スリランカでは祈りは、ごく普通に生活の一部です。

   朝起きたら花を摘み花を供え、香を焚き祈ります。

   採掘所でも、深い井戸に入る前には井戸に手をあて祈り、
   井戸の底からザルで土砂をすくって水で洗い、その中から宝石を見つける時にも祈り捧げます。
   掘り始める日や時間も占星術によって決められてそれに沿い採掘します。


 

Q: 作ってもらったジュエリーは、どこかの寺院で祈祷などを行うのですか?
 

  A:祈祷はしません。

    ナワラタナに使用する惑星を司る9つの石自体にパワーがあり、と言われており
    占星術の先生や工房にの意見も求めましたが、祈祷は行なわない。との事。


Q:浄化の方法を教えてください。
 

  A:当店では、ジュエリーが出来上がってくると、
    お香をたいて、数回お香の煙をくぐらせた後、お香を焚きながら一晩置き
    浄化します。


  他にも、
  *盛り塩の上に一晩置く。(塩に埋めるのは貴金属の性質上よくありませんので気を付けてください。)
  *満月の光に数分〜数時間当てる。
  *流水に数分さらす。
  などの浄化方法があります。


Q:石が肌に触れていなくてもいいのですか?
 

  A:大丈夫です。

   石の光線が肌に近い所からあたる事によっていろいろなエネルギー
   やパワーを吸収したり跳ね返したりする。と言われています。
   ですので、当店すべてのナワラタナジュエリーは光線を多く吸収できるデザインになっております。


Q:ジュエリーつけ始めるのに良い日はありますか?
 

  A:ホロスコープもご希望のお客様ですと、
  ラッキーナンバーや良い曜日というのをお伝えさせていただいておりますので、
  それを参考に身に着け始めると良いと思います。


  その他ですと、新月も適しています。
  新月は何かを新調したり物事を新しく始めるのに最も適している時です。
  英語でNEW MOONは新しいことを始める、願い事が叶うという不思議な宇宙のエネルギーがあります。


Q:ジュエリーは他の人が触っても大丈夫でしょうか?
 

  A:問題ありません。

  お客様の手元にナワラタナが届くまでにたくさんの人々が携わっており触れざるをえません。
  お客様にお届けする直前にこちらで浄化をしてからお送りしておりますが、
  お手元に届いたらご自身で気持ちを込めて上記の方法で浄化して頂ければと思います。
  また、なんか嫌な感じがする時や毎月の満月に定期的に浄化して頂くのもいいと思います。


 

Q: アパラムッダとナワラタナ、この2つの違いは何ですか?
 

  A:ナワラタナとは、人生を司るとされる9つの惑星から導き出された宝石の事で
  星の影響を調和させ、その人が持つ運の強さを引き出させる。いわばお守りで、
  アパラムッダのアパラとは「厄」という意味で、その厄を避けるために効果のある石を
  ホロスコープの結果により選定するいわば、厄除けのお守りの事です。


  
  現地では、ホロスコープ結果での厄が始まる時に、アパラムッダを新調し身に着け始めます。
  厄が去った後ですが、ジュエリーは現地の人にとってとても高価な物ですし、身に着けたままでも
  問題もないという考えからそのまま身に着けたままの人いるし、手放す人もいます。

  アパラがある期間の支配星によって、厄除けとなる石はあるが、
  凶運を運ぶ石というものはないと言われています。
  ですのでナワラタナはすべての方にとってお守りになります。

  アパラムッダを。という方は、ホロスコープの結果に基づきアパラの時期とアパラムッダにすべき
  石をお伝えし、ご相談後作成となります。 

  



Q:ナワラタナをデザイン違いなどで何個ももってもいいものですか?
 

  A:構いません。
   石同士が喧嘩したり、パワーが分散されるというようなことはありません。


  私は、初めてナワラタナにスリランカで出会った時に、装いや気分で付け替えれるようにと、
  ネックレストップゴールドにシルバー、ブレスレットと、3つのナワラタナをオーダーし、
  日本へ帰国し日替わりで楽しんでいました。
  厄やゲン担ぎをとても大事にするスリランカビジネスマンなんかは、
  ナワラタナとアパラムッダ両方身に着けている人もいたりします。

 



Q:お手入れの方法

  汗をかいたり、べとべとした手で触った時は、必ず拭いたり洗ったりしてください。
  直射日光にあたるところに放置しない事が大切です。
  柔らかい毛の歯ブラシに石鹸をつけて、優しくジュエリーを洗ってあげて下さい。

 

   汗っかきの方は、使った後何もせずそのまま放置してしまうと、
  18金でも変色してしまう事もありますので気を付けてくださいね^^;